地球と水と命ブログ

水を大切にすることが自らの命を守り、地球を守るということにもなるという思い

波動コラム

今日から波動を上げる!3つの具体的な方法

投稿日:2019年3月18日 更新日:

前回の記事ではあなたの現実は、あなた自身が作っているというお話をしました。

そして、宇宙には共振の法則というものが働いているため、自分の波動を上げることで、 素敵な人や素敵な出来事を引き寄せることが出来るというお話もしました(*^-^*)

では、具体的にどのようなことをすれば波動を上げることが出来るのでしょうか。 今日はそのお話をしていこうと思います!!

ただ、ひとつ気を付けていただきたいのが、「波動を上げよう」と必死にならないことです。

ここに書いてある一つ一つを呼吸をすることと同じくらい当たり前に、楽しんで実践してみて下さい♪

1.自分を否定しない。自分に制限をかけない。

「自己否定」は感情のなかでも低いエネルギーを持つと言われています。

あなたは他人と自分を比べて、「自分はやっぱり駄目なんだ」とか、 鏡を見た時に「自分が嫌いだ」などと思ったことはありませんか?

そのとき、とても絶望的な感情になったのではないでしょうか。

掃除が苦手な自分も、ぽっちゃり体系の自分も、ストレスがたまると暴食してしまう自分も、 否定することを止めて、いったん全て受け入れる。

それでいいじゃないですか。何が問題なのでしょうか。

いったん受け入れて好きなだけそれを自分に許すと、いつの間にか掃除がしたくなる時が来ます。ぽっちゃりな自分がなんだか可愛く思えてくるし、自分を大切に思うようになるので暴食もしたくなくなります。

何よりも、自己否定というエネルギーから抜け出せるので波動が上がります。

2.この瞬間にあなたがわくわくする方を選ぶ

これは、人生を変えるような大きな選択に限ったことではありません。

今日、何を食べるか?どんな服を着るか?どの道を通るか? そんな小さな一つ一つの選択を丁寧に、自分の心に正直に選んでいきます。

そうすると、あなたの心はきっと、ワクワクで溢れていきますよね。

毎日の中にそういったワクワクする時間を増やしていくことが波動を上げることへと繋がります。そして、嫌なことは極力やらないこと。

3.結果に期待しない、予想をしない、執着しない

あなたがワクワクする方を選んだとき、その結果に対して何らかの期待や、予想をするかもしれません。

ですが、せっかくワクワクして選んだ選択も、期待や予想をすることで不安や恐怖心へと変わってしまうのです。

どのような結果になろうとも、ワクワクする選択をしている瞬間はただただ楽しいはずです。毎瞬毎瞬、それをただ積み重ねていくだけ。それが人生です。

ワクワクから生まれた選択はすべて、あなたに必要なことがもたらされる。そう信じて選択していくのみです。

他にも波動を上げる方法はたくさんあると思いますが、まずは今日からでも始められるものを3つご紹介してみました(*^-^*)

でもどうしてもネガティブな気持ちになってしまう時や、なかなか難しいな~というときは、波動水という物質的な力を借りてみるのもおすすめです!!

高い波動の波動水を飲むことで、外側から取り入れた波動にあなたの身体が共鳴していきます。詳しくは波動水で波動は上がるのか?の記事でお話ししているのでご覧ください!

波動の力を上手く使って、皆さんの毎日がより素敵なものになることを祈っています!!

-波動コラム
-, , ,

執筆者:

関連記事

波動測定をしてみませんか?

この世界に存在するすべての物質が、固有の波動を持っています。 花も、虫も、えんぴつも、私たちの臓器ひとつひとつも。 その波動エネルギーは掌で感じたり目で見ることが出来ない程非常に弱いもの ではあります …

大切な愛車

すべてのモノには魂(命)が宿る。

すべてのモノには魂(命)が宿る。 ご主人から愛され、15万キロ走ってきた車 長年連れ添った愛車 もう30年前になります。 車の整備士をしていた頃、車にも意識が伝わっていると確信した出来事がありました。 …

波動水で、波動は上がるのか⁉

近頃はよく、スピリチュアル系の本やブログなどで 「波動を上げる方法」「運を上げる方法」 などという言葉を目にしますよね。   具体的な方法が様々書かれていてとても参考になりますし、 実践され …

妊婦さんの心の在り方と赤ちゃんの関係

妊婦さんの身体の環境が、赤ちゃんに直接影響を与えるということは、 皆さん当たり前のように知っていることですよね。 タバコ・お酒・カフェインを控えなくてはいけない、 薬をむやみに飲んではいけないなど.. …

なぜ、波動を上げると色々なことが上手くいくのか?

あなたの周りで日々起こっている様々な出来事。 それらの現実は、あなた自身がつくり出しているということを意識したことはありますか? 「なんで私がこんな目に合わないといけないの?」 「なんで周りに嫌な人ば …