水と波動の真実ー「地球と水と命」のブログ

地球の70%は水、そして、わたしたちの体の70%も水。水を大切にすることが自らの命を守り、地球を守るということにもなります。水と波動についての情報をお届けします。 ※尚、当ブログの内容・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

水コラム

なぜ人間の体には70%もの水が必要なの?

投稿日:2019年5月17日 更新日:

「人間の体は約70%が水でできている」
そう聞いたことのある方は多いと思います。

では、なぜそんなにも多くの水が必要なのか、考えたことはありますか。 今日は、わたしたちの体内の水「生体水」の役割について書いていきます。

目次
1、わたしの体の中にはどれくらいの水があるの?
2、なぜこんなに多くの水が必要なの?
3、生体水の役割


神秘的な水の波紋
わたしたちの体内で、水はどのような働きをしているのでしょうか?



1、わたしの体の中にはどれくらいの水があるの?

体内の水の量は約70%といわれますが、その割合は年齢により変化します。 新生児は75%、こどもは70%、大人で60~65%と加齢とともに水分を失っていき、 高齢者になると約50%ほどまでに低下します。

では、わたしたちの体内には具体的にどれくらいの水があるのでしょうか?

例えば体重50kgの成人男性では、その60%が水分ですから
50kg×0.6=30ℓの生体水があるということになります。

つまり、2ℓのペットボトル15本分。
こう考えると、かなりの量の水があることがわかります。

この生体水が 1~4%失われると、のどが渇いたり疲労感や眠気を感じてきます。
さらに、10%不足すると腎機能が低下し、20%失われると死に至るといわれています。


2、なぜこんなに多くの水が必要なの?

健康を維持するために何に気をつけていますか?と聞くと「ビタミン」「ミネラル」「カロリー」そう答える方も多いと思います。 もちろんこれらは生命を維持していくのに必要ですが、しかし、体内の水が不足していれば、栄養素も薬も役には立ちません。

生体水は、脳や体の機能、化学反応(合成・排泄)、消化吸収など全てに関与しています。 体内におけるほぼ全ての反応に「水」が必要なのです。
水は生命の基盤とも言えるものであり、だから私たちの体はこんなにも多くの水で満たされているのです。

3、生体水の役割

生体水には、主に次のような役割があります。

① 溶媒としての役割
水はさまざまな物質を溶かすのにすぐれた溶媒です。生体水は、栄養分などいろいろなものを溶かしこみ、体に吸収しやすくする働きがあります。

② 運搬と排泄の役割
血液は、体の隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運び、また老廃物などを体外へと排出します。その血液の半分以上は血漿(けっしょう)という液体です。そして、血漿のほとんどが水でできています(血漿の水分は91パーセント)。

③ 体温の調節機能
人の体温が保たれるのは、温まりにくく冷めにくいという水の性質によるものです。 また、体温が上昇すると、汗をかき、体表面で蒸発するときに熱を奪うことで体温を調節しています。

このように、水は、まさに生命活動の基盤となっているのです。 そして、体内の水環境を整えることが健康に大きく関わってきます。

毎日飲む水の飲み方と質を、今一度見直してみませんか。

水の飲み方については、以前こちらのブログ記事でご紹介しました。
水の質については、独限りなく生体水にちかい性質の水『碧い水の鼓動』をぜひお試しください。

『碧い水の鼓動』の詳細・ご注文はこちらから





-水コラム
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

2倍に育った野菜

波動水で生育した野菜 波動エネルギーをいれたお水で野菜を栽培すると、◎成長が早くなる◎野菜が大きくなるといった特徴がみられます。 下の写真はそれぞれ、水のエネルギーを確かめるため、肥料の全く入っていな …

意識へのアクセス

さまざまな意識や生体活動は水ぬきには考えられません。 私たちの体の6~7割は水。なぜ6割も7割も必要なんでしょうか! 私たちの体内の水は、単なる普通の水ではありません。 40兆個ほどの細胞を動かすため …

7日後の金魚の明暗

2つの水槽に、それぞれ水道水と『碧い水の鼓動』を注ぎ、10匹の金魚を入れて、エサを与えず7日間飼育しました。 1週間後、水道水の水槽は濁りがひどく、金魚は4匹しか残りませんでした。『碧い水の鼓動』の方 …

わたしにピッタリの波動水の作り方

「教えて!水まきおじさん」のコーナーでは、水と波動を30年以上研究している水まきおじさん(地球と水と命の酒井)に、水と波動の本当の姿について、インタビュー形式でわかりやすくお伝えしていきます。 今週は …

碧い水の鼓動

〝碧い水の鼓動〟の新たな可能性

水の特性 水は、ほかの物質に比べてさまざまな形態にうまくなじみます。 情報や信号の伝達をする媒体として優れているのです。 私たちの六十兆個の細胞は、脳より発せられる電磁気的な信号のやりとりで動いていま …