開発者の想い・測定実績

 

約10年間かけて開発

こんにちは、開発者の酒井宏祐です。
波動技術の世界に身を投じて早30年となります。

波動は、テクノロジーです。現代科学が物質を中心とした科学・技術であり「物と量」の関係で成り立っているため、波動は、従来科学に比べると少しオカルトっぽく考えられています。しかし、波動と生命体について様々な実験や研究を重ねていく上で、波動という微弱なエネルギーが驚くほど生命に影響を与えるということが、明確になってきています。

LWA波動測定器は、約10年の歳月をかけて平成8年に開発をした、日本生まれの波動測定器です。開発以来、多くの方の波動測定を実施しており、その数は数えきれませんが、数万人という単位になると思われます。

 

オペレーターが必要なアナログ測定器


「波動」という言葉が一般的とは言えないまでも、以前より広く知られるようになり、波動測定についての認知も広がってきました。

今ではフルオートの波動測定器が、外国製・国内製問わず普及してきています。体内の問題箇所をかなり正確に表示し、改善なども自動でしてくれるため、非常に便利で優れた測定器であることは間違いありません。

しかし、LWA波動測定では、あえてオペレーターを介したアナログ式の測定器を用いています。オペレーターが、被測定者の微弱なエネルギーの変化を感じとりながら測定していきます。

 

人間の体のことは、人間の体でしかわからない。

我々生体のエネルギーの変化は非常に微弱であり、それ故、機器だけでは捉えることが困難な場合があります。そこで、アナログ式の測定器を用い、オペレーターの身体をアンプ(増幅器)とすることで、その微弱な変化の測定を可能にしています。

数値化はできないものの、私たち人間は、機械よりも遥かに相手の雰囲気や様子をとらえられます。特に、感情面などの測定は、オペレーターを介することで可能となります。機器だけでは難しい「心」や「生活環境」の部分まで測定することで、その方の本当の問題点を見つけ出すことができるのです。

 

「自分の身体は自分で治す」-
この意識をもっていただくのが最大の願いです

測定器は波動を測定する機械であり、オペレーターができるのは根本原因を見つけ、改善方法のアドバイスをすることまで。そこから先は、ご本人の意志です。

驚くような結果が出るときには、ある傾向があります。素直でポジティブな方で、ご自分の意志でお受けになられる方は、これだと感じたら一本に決めてとにかく信じて行動する方です。

波動測定の後、波動商品の技術的な説明は致しますが、購入などは受けられた方の自主性にお任せしています。

今では様々な医療技術が発達し、病気になったら「医者が治してくれる」「薬が治してくれる」そういった考えの方が多く見られます。波動測定に来られて根本原因がわかったとしても「オペレーターが治してくれる」「機械が治してくれる」ーそういった意識で、その原因を改善していくことができるでしょうか。

本当に大切なことは「自分が治す」という気持ちの在り方です。「自分の身体は自分で治す」―この意識をもっていただくのが最大の願いです。そして、それが一番うまくいくのです。

意識は物事を動かすエンジンです。意識のちからをまざまざと目にする現場にいられて、私は本当に幸せです。

 

 
 

LWA波動測定お申込み

 

◀︎開発者の想い・測定実績 波動測定お申込み▶︎

ページトップへ