波動水とは

波動水を一言で表すと、「微弱な振動エネルギー(周波数)が入ったお水」です。

テレビ局が発している周波数をテレビがキャッチすることで画面が映るように、
その周波数を持ったお水を飲むことで、飲んだ人の身体が共鳴し、何らかの作用を与えると考えています。

波動水の作り方

①「碧い海」の上にコップなど容器に入れた水を置き、スイッチオン!

②青い光がクルクルと回ります。
特定のパルス磁場エネルギーと468ナノメーターの光のエネルギーを持った
波動水が生成されます。

③「ピー!」っと音が鳴ったら完了です。
飲料水としてだけでなくその性質を利用してさまざまにご活用ください。

○ナノ(10億分の1)サイズの気泡は、肉眼で目視することはできません
○本商品によってつくられた水・液体により、健康維持や増進に役立つことを
目指していますが、病気の治療や予防に効果があると保証するものではありません。

 
「碧い海」ご購入画面はこちら

 
 

波動水の使用用途

波動水は、アイデア次第で様々なことにご利用いただけます。
具体的な使用用途に関しましては、こちらのブログ記事で詳しく紹介しておりますので併せてご覧ください。

  • 地球と水と命  平日10:00~17:00(土・日・祝日除く)

  • 03-5449-8221 FAX 03-5449-8222  info@ewl.or.jp