波動30年のあゆみ

波動30年のあゆみ

 波動技術の世界に身を投じて早30年になりますが、これほど長く
そして深く関わることが出来ているのは〝幸運な出だし〟があったからかもしれません。

その幸運とは、偶然にも在籍した研究所が、もともと特殊な水の研究所で
〝水と情報(当時は光エネルギー)〟が生物の生育環境に与える影響などの研究や
実験をする研究所だった。ということです。


 研究所時代に学んだ知識や技術、また、その折に出会った人達から教えられたこと。
その素地がこの波動というテクノロジーに関わる際、全く違和感なく、
ごく自然に入ることが出来た。この幸運に恵まれていたことを実感します。


 波動という技術は、基本的に見えないエネルギーに類するテクノロジーの分野ですが、
人間を含む生物たちは、ものの見事にその超微弱なエネルギーにも間違いなく
大きく反応をすることを研究所での研究・実験で知っていた経験が、
その後の波動技術の開発や製品化、活用方法などにおいても独自の進み方が出来てきた。
と考えています。

生命エネルギーのすごさ

 ある笑えるような笑えないような実話を1ツご紹介します。
それは、いつも水や生育環境などについて教えてくださっていた
環境工学博士のN氏との間に起きたことです。

『ダウジング』という、何かを知ったり、発見したり、選んだり、確認したりするための
感知技術があります。かつては、地下水や貴金属の鉱脈、あるいは何らかの隠れたものを
探してきましたが、今では『何かを選択する際に使う』のが一般的です。
また、製品の良し悪しや問題箇所を探ることもできます。

 ある時、N博士が御自分で作られた実験品の良し悪しを判断するため
いつものようにポケットから御自分で作られたダウジングを取り出し、成否の確認作業を始めました。
そのようにN博士は、いつもダウジングで確認をされていたのです。

実験品の上にかざしたダウジングの振り子は見事に右回りに大きく回転し、N博士は「よしよし。
スバラシイ出来映えだ。」と御自分で悦に入っておられたのですが、どうも私は納得出来ず、
N博士に「その右回転は、博士の意識のエネルギーが腕を伝わり
振り子が右回転をしているのではないのですか?」と、疑問を投げかけました。

実際、微妙に博士の腕が動いているように見えたのです。

ところが博士は、頑としてこの意見を受け入れず「製品の出来が良いから、
振り子は大きく右に回転するのであって、意識は全くもって関係ない!」と、かなりオカンムリでした。

そこで私は、博士にある提案をし実際に実験を行いました。
長い箸をピラミッド型に組み上げ、その中心から振り子を吊り下げて、その下に製品を置き、
製品の良し悪しを確認しようとする実験です。これならば意識のエネルギーの影響を受けず、
シンプルに製品と振り子の関係で結果をしることができるはずです。
果たして、振り子は右にも左にも回らず、全くの静止状態のままでした。

結果、製品の良し悪しを判断しているのは振り子ではなく、生命体のエネルギーが反応し、
振り子が回転をする。という結論になり、
改めて我々の生体やそのエネルギーの凄さを知った経験となりました。

 

私たち自身に生命エネルギーがある

 

このように私の波動への関わりは、スタート前から
生命エネルギーの存在や凄さを知ることになる。非常に恵まれた環境にいたことで、
当初より私の波動は〝機器と生体〟という2本立てで研究や開発、活動を進めてまいりました。

あれから30年。これからの活動の課題として特に意識していきたいのは

生体そのものが持っている
生命エネルギーのすごさ

を、ご本人からどのように引き出すか。
というテーマを強くもちながら、波動の活動をすすめて参りたいと考えています。


出来れば、この知識や技術、そして考え方等に興味を持ってくださる沢山の仲間たちが出来、
その仲間の皆さん方と一緒になって

病気を治すのは自分
病気とは縁がない

といった社会づくりのために進んで行ければ・・・と考えています。