おとなになったココロとカラダに

体の変調でつらい時
仕事で疲れた時
人間関係などで悲しい時
 
一度、あの『ふるさと』に帰ってみてください
こどものころのあの場所へ
 

人は自ら〝生〟を選ぶ

 
人はみな、この世に生を受ける時
神となんらかの約束事を交わし、自ら選んだ母より生まれてくると言われています。
 
もしかして、母を選ぶと同時に 生まれる土地も選んできてはいないでしょうか。
 
人は幼少期、生まれた土地で過ごし、成長していきます。
〝その地〟を人は『ふるさと』と呼んでます。
 
多くは、生まれた土地ですが、違う土地に移動しても
幼少期のわたしたちは、のびのびとそこで育まれてきました。
なにも考えず、友達と日が暮れるまでただただ遊ぶだけだった、あの日々。
 
あなたの心に思い浮かぶ景色がありますか?

ふるさとに守られていた日々
 
楽しいことも嬉しいことも
悲しいことも悔しいこともあった。ケンカもした。
あの場所。
 
これらは、すべて遠い昔の懐かしい思い出として
心のどこかに残っているものですが、 その頃のことで普段
忘れてしまっている大事なことがあります。
 
それは、日々遊んでいた土地の山の神様や小川の神様
そして、お地蔵さま。
 
また木々に宿る精霊たち
木々を揺らす優しい風と遠くの空
足元の土や植物たち
ずっとそっと見守ってくれていた存在
 
感じる、そして思い出す
 
目を閉じて、思い浮かべてください。
 
 あの風景を
 
 あの光を
 
 あの風を

実は、毎日毎日それらの神々や精霊たち
そして大地のエネルギー・宇宙からのエネルギー等に
ずーっと守られながら育ってきているのです。
 
それらのエネルギーは、記憶の中だけに残っているのではありません。
そして、幼少期だけのことではありません。
 
わたしたちがいくつになっても、細胞が何度生まれ変わっても
そのエネルギーをあなたの体の中の細胞は記憶しているのです。
 
これは単なるおとぎ話ではありません。
学者の先生方も多く、この説を唱えられております。

ルーツ・ウォーターは、あなたの『ふるさと』のエネルギーを
数値化し、数値を基にコード化したものを
お水に転写するエネルギーウォーターです。
 
ルーツ・ウォーターは、『ふるさと』=あなたの原点
 
何者にも染まらない、ただ〝あなた〟として、
この世に存在していた小さかったころに
連れて行ってくれます。
 
あのころの、あのエネルギーに満ちた、
『ふるさと』の水、ルーツ・ウォーターをぜひ、飲んでみてください。

ルーツ・ウォーターを飲む

夜、寝る前
ルーツ・ウォーターをゆっくり飲みながら
あの、元気に走り廻っていたあのころの姿を目を閉じ、まぶたの裏に描いてみてください。
 
あなたの細胞の中に記憶されている幼少のころのエネルギーを体は思い出してくれます。
 
そして、1日のお礼を神様や御先祖様に言いながら、 静かに眠ってください。
眠っている間にあのころのエネルギーがあなたを回復させてくれます。
 
それが、『ふるさと』のエネルギー『ふるさと』の水ルーツ・ウォーターです。

ルーツ・ウォーターご依頼方法 カウンセリング

カウンセリングお申込みください
下記フォーム、または
お電話・FAXにてご連絡ください 
(平日10時~17時)
あなたのふるさとのお水(※)を
200mlほど採取してください
採取した場所を明記してください。
採取した水の周波数を分析します
その周波数をコード化し、そのコードを
入れたICカードをつくります

 

碧い海 [MFE-901]に
ICカードを差し込み、
その上に水を置いて波動を転写し
ます
いつでも、ルーツウォーターを飲む
ことができます。飲む量は、
1日400ml~1ℓくらいを目安に

地球と水と命にて、碧い海[MFE-901]に
ICカードを差し込み、その上に〝碧い水の
鼓動〟を置いて波動を転写します
ルーツ・ウォーターとなった
〝碧い水の鼓動〟を
当社団法人よりお送りします。
いつでも、ルーツウォーターを飲む
ことができます。飲む量は、
1日400ml~1ℓくらいを目安に
※ ふるさとのお水は、幼い頃に日々通っていた場所
近所の小川・川や海・湖、井戸、神社の湧き水など、ごくありふれた日常の中で触れていたお水を採取してください。
上記難しい場合は、ふるさとの水道水・神社の手水や、当時の写真(できれば水辺も写っていると尚良いです)でも構いません。
ご不明な点は、お気軽にご相談ください。


 

お申込みフォームルーツ・ウォーターカウンセリング

ルーツ・ウォーターによせられた質問

お水は、川・湖・海・井戸・湧き水など〝ふるさと〟の記憶のある場所のものを採取してください。
必ずしも、生まれた場所でなくても構いません。育った土地にあるお水でふるさとのおみずをつくります。
     

  • 生まれた土地からすぐに引っ越しています。必ず生まれた土地のお水でないといけませんか?
  • その土地から移動し、記憶が薄い場合は、幼少期の思い出のある土地のお水を採取してください。
  • 近くに水がありません。ちょっと行ったところに川がありますが、特に遊んだ場所ではありません。その川のお水でもいいですか?
  • あまりその川の記憶がない場合、他に思い出の水辺はありませんか?
    いつもいた場所でなくても構いませんが思い出のある水辺が望ましいです。また、なるべく家に近い方がいいです。
  • 昔は飲めましたが、もう飲めなくなってしまった井戸があります。そこのお水でもいいですか?
  • 古井戸や湖、川。今は飲めなくなってしまっていても大丈夫です。その水そのものを飲むわけではありませんので。
  • 小川がありましたが、埋め立てられてしまいました。お水が採取できません。どうしたらいいですか?
  • 近くに神社があれば、その神社のお水(湧き水や手水)が良いと思います。それもなければ、住んでいる地域の
    水道水でやってみましょう。
  • 小さいころにいい思い出がありません。思い出したくもないのですが・・・
  • それは、あなたがご自分の頭の中でそう思っていることですね。多分イヤなことや辛いことがあったのでしょうね。
    でも、その時にもふるさとの自然は、あなたをずっと見守っていたのですよ。
  • 海外などで生まれ育ち、現在、その場所へ行くことが難しい場合どうしたらいいですか?
  • その当時の写真(できれば、水辺の写っているもの)から再現できます。

 

  • 地球と水と命  平日10:00~17:00(土・日・祝日除く)

  • 03-5449-8221 FAX 03-5449-8222  info@ewl.or.jp