WORKS 仕事内容

「地球と水と命」の波動関連の仕事内容をご紹介いたします。

ルーツ・ウォーター

3歳までの水にふれる。エネルギーケア

ー 小さかったあなたのいる場所へ ー

生まれ育った土地の水

受精してから3歳頃まで
あなたは、どんなところに住んでいましたか?
その時に触れていたお水や土や空気は、実は、あなたに
非常に大きな影響を与えています。

ふるさとの自然
ふるさとの恵み
ふるさとの大らかさ
ふるさとの育み

目を閉じて、思い浮かべてみてください。
大きく息を吸って、感じる あの風景を。
 

わたしたちは、どこかで間違ってしまうし
感謝を忘れてしまう

 


日々、わたしたちは、多くの選択をしています。
朝は、着ていく服やカバン、靴。着替えてから歯を磨くか、顔を洗ってから着替えるか。
ランチは、夕飯は、何にするか。
点滅する青信号。今、渡るか、やめるか。
買い物。商品。メーカー。買う場所・・・日常の細かな事柄から、人生の大きな選択
結婚や就職先、家や車をを買うか。自分のことも子どものこともパートナーのことも。

その選択が正しい時もあれば、間違う時もあります。
迷うこともあれば、ただ、なんとなく流れで決めてしまったり。

その、日々の細かな選択や人生の大きな選択は
あなた自身の魂・精神・肉体、そして、宇宙の理(ことわり)に即したものでしょうか。
あなたの心は、「YES」とこころから言っていますか?

もしかすると、頭でばかり考えてしまい、どこか歪んでいるのかもしれません。
歪んだ選択は、自分独特の悪癖を生み、育てていきます。

または、誰かの言いなりや『きっと、こうするのがいいんだろう』と
誰かを思ってそう決めた
そういう事柄が増え続けると、ストレスが溜まります。
病気へと発展してしまうケースも見受けられます。

それほどに、あなた自身の魂と〝合って〟生きているか?は、重要です。

 

3歳までの環境の自然の水を

 

 

「三歳までは神のうち」と先人が言うには理由があり
三歳までの私たちは、まわりの自然からさまざまな波動を素直に受け取っていました。

選択の歪みを生むような我欲がなく、自然の理のままに生きていたからです。
「三つ子の魂百まで」とも言いますね。

卵子が精子を受精して、胎児となり、産道を通って、初めて肺呼吸をし
乳をまさぐり、ハイハイをし、立ち上がり、二本足で立派に歩く。
カタコトがいつの間にか立派に話すようになる。

その様を見守っていた、ふるさとの自然
そこに流れる水は、いつもあなたという生命に宇宙の波動を送っていました。

そこから四半世紀、半世紀、またはそれ以上経った私たちの細胞が、
その当時の状況にふれると大切なことを思い出す。

宇宙と呼応した魂の記憶を

私たちは成長し、さまざまなことを知り、体験するうちに
その記憶を忘れてしまいました。
ぜひ、それを呼び戻してみてください。

小さなあなたにそっと触れて、やさしく揺することで
習慣となった〝癖〟を簡単に止められるかもしれません。

思わぬ慈しみの念が湧き上がることもあるでしょう。

これは、3歳までにいた頃の自然の水の波動で悪癖を除く。
いわば、いのちの洗浄のです。
 

記憶の中にある水と同じ記憶の水を飲んでみませんか。

 

 

それは、例えば、町の小川・湖・神社の湧き水・・・そういったものです。
ふるさとに帰省した時などに、その水を採取して
『地球と水と命』にお送りください。

そのふるさとのお水から〝データ〟を読み込み、
ふるさとと同じ水を作る〝ICカード〟をお渡しいたします。

MFE-901[碧い海]に電源を入れ、ICカードを差し込み
その上に碧い水の鼓動(またはお水)の入ったコップ・ペットボトルを置いて
開始ボタンを押してください。

青い光が点滅を終えたら、そのお水を飲んでください。
いつでもこのようにして、ルーツウォーターを飲むことができます。

 

ルーツウォーターができるまで

  1. ふるさとの水を200ml以上採取する
  2. 採取した水の周波数を波動測定します 分析できる現代のテクノロジー!
  3. その周波数をコード化、ICカードに入力します
  4. MFE-901[碧い海]にICカードを差し込み、その上に水を置いて波動を転写します
  5. いつでも、ルーツウォーターを飲むことができます


     
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >